最近は、色々なクレジットカード会社があり、カードの種類も増えていますが、誰でもカードが持てるというわけでありません。クレジットカードを持つには、会社の審査を通過しなければいけません。どんな審査をして、クレジットカード会社は、判断をしているものなのでしょう。基本的にクレジットカード会社は、安定した収入、返済能力、明確な居住場所を重視しています。貸し倒れリスクが生じないように、住所がはっきりしていることは大事です。クレジットカード会社は、様々な角度から顧客の情報をチェックすることで、信用能力があるかどうかを判断します。カード会社側は、顧客情報を独自の方法で点数化し、合計数字がある程度を越えていることで、審査がOKかを見ています。年齢、勤続年数、職種、年収、居住の形などから判断されます。年齢と、どんな会社に勤めているかが、最も大事です。これまで、ローンやキャッシングをどのくらい使っていかも、重要な要素となります。信用情報センターを使えば、個人のキャッシング利用歴がわかります。銀行やクレジットカード、消費者金融からの利用の履歴が分かるようになっています。同時に、いくつかのクレジットカード会社への手続きをすると、そのせいで審査に通過しにくくなってしまうことがあります。固定電話がないと、審査では低く評価されます。クレジットカード会社からすれば、確実に連絡がとれる環境にある人のほうがいいのです。各社によって審査の内容や基準は異なりますので、一つの会社に断られても、別の会社の審査に通ることもあります。